ハンサード・インターナショナル・リミテッドの独自評価

投資運用業者

資産運用の方法を探しているのでしたら、最低限のリスクでしっかりと利益を得ることができると評判のハンサード・インターナショナル・リミテッド日本支店を利用してみてはいかがでしょうか。海外基準のファンドを利用することができるこちらの支店は、国内投資家から大注目されています。

ハンサード・インターナショナル・リミテッドとは

こちらの会社は、マン島、ダグラス、アソルストリーに本社を構えている会社です。設立は1986年の12月24日になります。こちらの会社の代表を務めているのは、グラハム・シェワード氏です。ハンサード・グローバル・ピーエルシーという会社が100パーセントの株を有しているため、ハンサード・グローバル・ピーエルシーの完全子会社となっています。このハンサード・グローバル・ピーエルシーは、ロンドン証券取引所に上場している信頼できる企業です。現在は、マン島金融サービス機構によって、保険業のライセンスを発行されています。こちらの会社では、良質な長期生命保険を提供するサービスを行っています。

また、ハンサード・インターナショナル・リミテッドには、日本支店もあります。日本支店は、東京都中央区の日本橋室町にあります。日本支店の代表を務めているのは松村厚さんです。日本では、長期生命保険ではなく、金融商品取引法に基づいた投資運用業者として登録されています。

ハンサード・インターナショナル・リミテッド日本支店の活動は?

日本支店では、法人ではなく個人の方に向けてサービスを展開しています。サービスの内容は、主に資産運用商品のファンド運用業です。日本におけるファンド運用業は、複数の投資者から集めた資金を元に、有価証券や事業雲煙などへの投資を行います。どの商品に投資するかは、ファンド運用業者に一任することになりますが、大半は有価証券等に対して投資を行っているようです。投資者に対して得た利益を、投資した割合に応じて変換しているのが、こちらの日本支店という事です。

日本では、欧米諸国と比べて、まだまだ投資が身近ではありません。そんな状況にマッチするように、こちらの日本支店では、本社であるハンサード・インターナショナル・リミテッドのアドバイスを受けつつ、厳選したファンドを使った投資を提供しています。

ハンサード・インターナショナル・リミテッド日本支店を利用するメリット

こちらの日本支店を利用するメリットは、やはり日本では販売されていないファンドをしょうかいしてもらうことができるということです。日本国内では未発表の機関投資家ファンドなども多数用意されていますので、多くの方が注目しています。

また、投資の知識があまりないという方でも、安心して投資することができるように、独自の評価基準を提示してくれています。評価基準の内容は、これまでのコストや運用成績、運用プロセス、調査体制、そして会社全体の評価です。これらを事前にしっかりと提示してくれる上に、欧米諸国で主流となっているレーティングを導入していますので、最小限のリスクで最大限の利益をあげることができるのです。また、これまでの日本にはなかった、スイッチングや投資配分割合の変更なども簡単に行える自由度の高さも魅力となっています。

その他、ハンサード・インターナショナル・リミテッド の最新情報は公式SNSでも発信されていますのでチェックしてみてください。

ハンサード公式Facebook

ハンサード公式Twitter